先輩講師の声

小田 直人チューター

DIC学園で働くことを決めた理由はなんですか?

もともと教育業界で働いていたのですか、一対多の集団授業には限界を感じておりました。どうしても集団の平均層のちょっと上に合わせて授業を組み立てなければならず、切り捨てざるを得ない生徒たちに罪悪感がありました。決して意識的に切り捨てようとしていた訳ではありませんが、同じ授業料を払いながらもその生徒に適したサービスが受けられないのはやはり集団授業の限界だと思います。その点家庭教師は面白いと感じました。出した費用が全てその生徒様のために使われます。金額的には高いと感じられる方がいらっしゃるかもしれませんが、非常に効率的なお金の使い方ができると思います。しかしその分プロとしてきちんと指導できる家庭教師が絶対条件です。この条件を満たせるDIC学園に魅力を感じました。

入社してどんなお仕事をされていますか?

中学生の全科目、高校生の英語・数学・物理・化学を主に担当させていただいております。生徒一人ひとりに合わせてカリキュラムを組んで、指導をしてゆきます。特に医学部を受験される生徒が多いですので、医学部合格の為に必要な「真の学力」を養成することを目指して指導を進めています。医学部受験の現状は大変厳しいものがありますので、それぞれの生徒の資質や性格に合わせて長期的な視点で他の講師とも連携しながら学力を構築しなければなりません。現在鹿児島校のチーフチューターを務めさせていただいておりますが、家庭教師と言ってもチームプレイが非常に重要です。

実際にプロの家庭教師として働いてどう感じますか?

生徒一人ひとりに深く関われるので大変にやり甲斐があります。ただ同時に責任も重大です。ほぼその生徒の人生を左右する仕事ですから面白いのも厳しいのも当然です。また生徒一人ひとりをじっくり分析できるのでどのような指導方法が効果的なのかをかなり深く突き詰めることができます。個人的にはこの点にかなり魅力を感じています。

これからDIC学園に就職を希望される方に一言お願いします。

個人個人で動く仕事ですので基本的に非常に自由です。しかし勉強会や講師会議など集団で動く場面もあり、決して孤独な仕事ではありません。普通の会社員とは少し違う業態だとは思いますので、収入面などで多少心配される方もいらしゃるかもしれませんが、しっかり指導をしていれば収入の面でも心配することはまずありません。それどころか、DIC学園のブランド力の下、独立というリスクを負うことなく、自分で自分の収入をいくらでも上げていける仕事だと思います。やりがいや充実度に関しては、今まで述べたように間違いありません。
是非貴方も我々と一緒に夢を持って共に働きませんか!?