先輩講師の声

永野裕一チューター

DIC学園で働くことになったきっかけはなんですか?

大学時より家庭教師の仕事を始め、その楽しさとやりがいを実感し、一生教育業に携わりたいと思うようになりました。プロ家庭教師を派遣するDIC学園は、この業界においての先駆者であり、接客サービス教育業を掲げる学長のお考えに共感し、迷う事なく志望致しました。面接時にプランナーや事務員の人柄と、会社の活気ある雰囲気に触れ、共に働きたいと強く思いました。会社の方針と学長のお考え、そこで働いている方々全てに共感し、入社を決めました。

全てに共感ですか!共に働きたいという思いは大切ですよね。入社してどんなお仕事をされていますか?

小・中学生は全科目、高校生は英語・国語・社会を指導させて頂いております。例年10~15名程の生徒様を担当し、半数は受験生です。生徒様により週の授業数は異なります。週1ペースの生徒様が多いのですが、週2・週3ペースの生徒様もいらっしゃいます。一人一人の学習進度や目標とする志望校によって指導方針を定め、保護者様と連携をさせて頂き、授業を進めます。毎授業後には、その日の指導内容を報告し、生徒様の理解度や授業中の様子をお伝えします。指導計画の進捗状況や定期考査に向けての対策なども報告します。保護者様より、毎日の家庭学習の様子や生活態度をお窺いします。月末には当月の総括や翌月の指導方針を確認します。定期的に面談も行います。

指導方針や面談も行なうなんて本当にプロですね!実際にプロの家庭教師として働いてどう感じますか?

大切なお子様をお預かりする責任を感じております。家庭教師は塾とは異なり、毎回ご自宅に伺い、保護者様と綿密にお話が出来ます。ご家庭に入っている為、お子様の成長が日々感じられ、学校での忘れ物や提出物の不備、宿題をしていない、小テストの出来不出来など、毎日の学校生活が全て分かります。お子様の全てに関わる事が出来るので、やりがいを感じると同時に、大変重い責任を自覚しております。

本当にやりがいを感じてお仕事をされていらっしゃいますね!ではこれからDIC学園に就職を希望される方に一言お願いします。

全員が専任講師、真のプロ家庭教師集団であるDIC学園は、学長のおっしゃる教育サービス接客業を掲げ、先駆者としての誇りと伝統を背に、私たち講師は、安心して指導に専念出来る環境を与えられております。DIC学園で共に働き、やりがいと達成感を味わいましょう。


プロ家庭教師のDIC学園は「教育業」を目指す方にとっては本当にやりがいのある仕事なんですね!
ですがきちんとプロ意識を持たないと、大切なお子様をお預かりしているため、責任も重大ということが分かりました。目標に到達したときの達成感は本当に嬉しいと思います!
本日は忙しい中、有り難うございました!今回はプロ家庭教師のDIC学園についてお聞きしました!